医療法人萌生舎院長 山地泉
医療法人萌生舎院長 山地泉
シャントトラブルで最も多い原因は狭窄と閉塞です。
PTAとは、シャントが閉塞してしまう前にバルーンカテーテル(カテーテルの先端に風船が付いたもの)を使用し、シャント血管の狭窄を拡張する方法です。
医療法人萌生舎院長 山地泉

狭窄部位にバルーンカテーテルを挿入して、バルーンを膨らませ、狭窄部位を拡張します。 これによりシャント流量を改善することが可能になります。
また、PTAは外科的手術の様に入院は必要とせず、外来での手術というメリットがあります。
シャントPTAに長年携わってきた経験豊富な医師が安心安全なPTAを行っております。

当院で対応が難しい場合でも、札幌市内の主要な病院に依頼することが可能です。

腎臓病教室のご案内
腎臓病教室のご案内