医療法人萌生舎院長 山地泉
医療法人萌生舎院長 山地泉

当院では、運動不足になりがちな透析患者さまに「寝た姿勢」を前提に開発された、透析中に運動することができる機会を使用しています。
自転車と同じようなペダルを1回の透析中に15分程度続けて漕ぎます。
モーターがペダリング運動をアシストするので体力に自信のない方でも無理なく下肢の運動を続けることが可能です。
普段運動不足の患者さまには体を動かすことでストレスの発散や、体が軽く感じることで透析及び日常生活を快適に過ごす手助けになります。

医療法人萌生舎副院長 山下哲史

・モーターがペダリングをアシストするため、無理なく運動が行える。
・ペダルを止めるとモーターが止まる自動停止安全機能を装備しています。
・安定感と装着感を追求したペダルに、伸縮性のある かかとバンドで足のズレ落ちを 防ぎます。
 他の医療機関で症状や不安が十分に解消されなかった場合でもじっくりと対応いたします。

腎臓病教室のご案内
腎臓病教室のご案内